KODAMIND BLOG

筋トレ初心者による筋トレ初心者のためのブログ。強くなろうぜ。

MENU

【女ウケ最悪の趣味】筋トレをしていて嫌われること5選【筋トレ彼氏】

f:id:koda-mind:20220228135236p:plain

最終更新日:2022年2月28日

 

こんにちは。KODMINDです。

筋トレって身体面・精神面で大きな成果が得られる最高の自己投資ですよね。

(僕も週5でジムに行く、筋トレ大好きマンです)

ただ過剰にやりすぎると周りに引かれてしまった経験はないでしょうか…?

私は、一緒に同棲している彼女に「筋トレって面倒臭い」と何度も言われました。

今回は、そんな私が「筋トレをしていて嫌われること5選」をまとめていきたいと思います。

 

一緒に食事するのがとにかく面倒臭い

f:id:koda-mind:20220224133700j:plain

周りから1番面倒臭いと言われることは、やはり食事です。

友人や恋人と食事や飲み会に行っても、常にPFC(タンパク質・脂質・炭水化物)バランスを考えて食事を摂取しているので、基本的に高脂質・高糖質のものは食べません。

外食をする際には、基本的にタンパク質を摂取できそうな赤身のステーキ、焼肉、海鮮、寿司などに偏ってしまいます。

特に減量期はもっと過酷で、鶏胸肉とブロッコリーしか食べなくなります。

会社の同僚にご飯を誘われても「今日減量飯なんですみません…」となり、かなり申し訳ない気持ちになります。

ただ、自分の体のために努力をしているのでご理解いただきたいです。。。

▼ちなみに、こちらの記事では筋トレ初心者にオススメのサプリメントをまとめています。

kodamind.net

暇な時間があれば急にジムに行く

f:id:koda-mind:20220202152615j:plain

長時間トレーニングをしていないと、筋肉量が減少しないか不安になるので精神安定剤的な役割でジムに行きます。

彼女と家で2人でNetflixを観ている時間でも、買い物に出かけている時間でも、ジムに行きます。

ただ、ジムに行ったあとの方が爽やかな気分で彼女に接することができるので、より愛情も深まるはずです(?)。

さらに旅行に行った時は3日くらい筋トレができなくなるので過酷です。

ですので、周りにエニタイムがあるホテルか、ジムがついているホテルを選んで取るようにしています。

できるだけスケジュールを穴をあけない時間帯を選んでジムに行くので許してください。。。

インスタのストーリーは基本筋肉ばかり

f:id:koda-mind:20220224134538j:plain

基本的に自分の筋肉にしか興味がないので、インスタのストーリーにはその日のトレーニング風景か、盛れてる自分の体しか載せません。

友だちにコメントで「デカくなった?」と言われるだけで自己肯定感が爆上がりするので、それを期待してストーリーを投稿します。

ただ、誰からもコメントが付かないとかなり萎えるのも事実です。

特に筋トレ始めたての時には、自分がトレーニングしていることを誰かに見てもらいたいという可愛い気持ちがあります。

そんな可愛い気持ちを許してください。。。

家で突然ボディビル大会を始める

f:id:koda-mind:20220219142136j:plain

暇があれば、すぐに自分の筋肉を鏡で確認します。

そして、すぐに結構長めのセルフ撮影大会が始まります。

見てて少し痛いとは思いますが、一緒にこのなんちゃってボディビル大会に付き合ってあげることで、より良好な関係が構築できるでしょう…

ちなみにイキリトレーニーあるあるですが、大会に出場もしないのにポージングをし始めるので、かなり痛いです。。。反省します。

高額な日サロ・脱毛に行き始める

f:id:koda-mind:20220228134339j:plain

筋トレを始めると、身体の変化と共に美意識がかなり高くなります。

最初は安価な化粧水や洗顔などから始めるのですが、度が超え始めると高額な日サロや脱毛に行き始めます。

これも自分の理想の体に近づくための「自己投資」なので大目に見てください。

それでも彼氏や旦那さんが日サロや脱毛にめちゃくちゃお金を使い始めたと思ったら、止めてあげるのも良いでしょう。

まとめ:それでも僕は筋トレをする

以上が、「筋トレをしていて嫌われること5選」でした。

それでも僕は、たとえ嫌われたとしても筋トレを続けます。

自分の理想の身体に近づけるほど素晴らしいことはないのじゃないかと思います。

ただ、あまり周りに迷惑をかけないように筋トレを続けてみるといいですね!

▼僕が筋トレを続ける理由をこちらの記事で書きました。ぜひご覧ください。

kodamind.net

▼オススメ記事

kodamind.net

▼Twitterやってます!ぜひフォローお願いします!

twitter.com