KODAMIND BLOG

筋トレ初心者による筋トレ初心者のためのブログ。強くなろうぜ。

MENU

【トラブル防止】意外と知らない!ジムを使うときのマナー10選【筋トレ初心者必見】

f:id:koda-mind:20220323164403p:plain

最終更新日:2022年3月23日

 

この記事は「筋トレを始めたけどジムでのマナーがわからない…」という方にオススメです。

 

こんにちは、KODAMINDです。

今回は「意外と知らない!ジムでのマナー10選」をご紹介したいと思います!

 

ジムでのマナーとは

基本的にジムでのマナーは、公衆のマナーと同じです。

「ジムは自分のものだけではない」「周りにもトレーニングをしている人がいる」「次にもマシンを使いたい人がいる」ということも考えて利用しましょう。

具体的に次のことを意識するとマナー違反にならずに済みます。

  • 周りの人が不快に思うことはしない
  • 次に使う人のことを考えて利用する
  • 衛生面を考慮して清潔に利用する

では次に具体的なジムでのマナーを紹介していきます。

利用したマシンに付いた汗を拭く

f:id:koda-mind:20220323160114j:plain

マシンに付いた汗は必ず拭くようにしましょう。

このご時世、1番気をつけたいことです。

やはりジムでは、運動によってたくさんの汗をかきます。

多くのジムではマシンの横に除菌シートが常備されていますので、マシン利用後は必ず拭くようにしましょう。

次に使う方のことも考えて、必ず行いましょう。

マシンを長時間占領しない

f:id:koda-mind:20220127152832j:plain

マシンの長時間の占領は1番トラブルに繋がりやすいマナー違反です。

私もジムの利用中に、マシンを占領しトラブルになっているのを何度も目撃してきました。

例えば、同じマシンを30分以上利用する、マシンの上でダラダラスマートフォンを操作するなどは避けたいところです。

次にそのマシンを使いたい人から見ると不快に思うでしょう。

基本的にマシンの利用が終わったら、次に使う人がいるかもしれないのですぐに移動するようにしましょう。

また、マシンの並行利用も出来るだけ混雑していない時間に行うようにしましょう。

マシンの順番を譲り合う

f:id:koda-mind:20220323161612j:plain

周りの方と譲り合ってマシンを利用するようにしましょう。

基本的に多くのジムはマシンの使用に順番を設けていません。

ですので、順番待ちしていたマシンを使おうとしたら「俺が先に順番待ちしてた」なんて言われることがあるかもしれません。

そのような時でも喧嘩腰にならず「どうぞ」と譲り合う心を持ちましょう。

大きな音・声に気をつける

f:id:koda-mind:20220127164302j:plain

マシンの使用やトレーニング中の声など、大きな音には気をつけるようにしましょう。

例えば、フリーウェイトをしている時、プレートが地面に着くときに「ガシャーン」と音が鳴ってしまいますよね。

また、思わずしんどくてトレーニング中に声が漏れてしまうことがあります。

周りで集中してトレーニングを行なっている方から見れば、大きな音は気が散り、不快に思われるはずです。

トレーニング中は出来るだけ大きな音を出さないように気を使いましょう。

おしゃべりは避ける

f:id:koda-mind:20220323160715j:plain

友人と合トレすることもあると思いますが、できるだけおしゃべりは避けましょう。

前述したように集中してトレーニングしている方からすれば、音はかなり気が散ります。

またこのご時世なので、会話中の飛沫が気になるという方も少なからずいると思います。

ジムでは出来るだけおしゃべりはせず、集中してトレーニングを行いましょう。

スマートフォンの使用

f:id:koda-mind:20220323160702j:plain

前述した通り、マシン使用中はスマートフォンの利用を控えるようにしましょう。

マシンを使用中にダラダラ、スマートフォンを触りながらトレーニングする方も少なからずいると思います。

そのようなことをしていると、次にマシンを使いたい人が「こっちは順番を待っているのに遅すぎる…」と感じてしまうこともありますよね。

機材を使用しているときはなるべくスマートフォンは使用せず、休憩スペースなどでスマートフォンを触るようにしましょう。

音楽を再生したい時やアプリで記録をつけている方もいると思いますが、ジム混雑時はなるべく避けたいところです。

写真の撮影

f:id:koda-mind:20220323163746j:plain

ジムを利用時に自分自身の身体を記録するために、写真を撮るという方も少なからずいると思います。

写真撮影時に他の方の通行の邪魔になっている場合があったり、写真に映り込みたくないという他の利用者の方もいる場合もあります。

ですので写真撮影は出来るだけ人の少ないところや、休憩スペース等で行いましょう。

服装を気を付ける

f:id:koda-mind:20220219142136j:plain

ジムでは、過度な露出は避けましょう。

特に男性の方は、自分の身体を確認するためにジムで上半身裸になる方も少なからずいると思います。

また夏場の暑い時期に、上半身の服を脱いでトレーニングしたくなることもあるかもしれません。

しかし、周りには女性の方やそれを不快に思う方もいらっしゃると思うので、出来るだけ露出はしないようにしましょう。

加えて清潔感のある服装で利用するようにしましょう。

マスク着用

f:id:koda-mind:20220323160514j:plain

この時期なのでマスクは必ず着用するようにしましょう。

ジムによってはマスクを着用していないと、スタッフの方から声をかけられたり、最悪出入り禁止になるかもしれません。

周りの人が快適にジムを利用するためにもマスクの着用には気をつけましょう。

使った機材は元の位置に戻す

f:id:koda-mind:20220323160554j:plain

使った機材は必ず元の位置に戻すようにしましょう。

例えば、バーベルプレートやダンベル、またベルトなど、様々な機材を無料で貸し出しを行なっています。

ジム側も皆に使っていただきたいと思っているので、使った機材は必ず元の位置に戻すようにしましょう。

まとめ:他の利用者が不快に思うことはやめよう!

以上が、ジムを使うときのマナー10選でした。

これらを守れば周りの方とトラブルなく事務を利用できるはずです。

知らなかったという方は、ぜひ明日から実行してみてはいかがでしょうか。

 

▼オススメ記事

kodamind.net

▼Twitterやってます!ぜひフォローお願いします!

twitter.com